スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり秋ですね。

今年も友人が実際に大きなかぼちゃをくりぬいてランタンを
作っていましたが「かぶったら首もげるで」と言っておりました。
20〜30kg、あるいはそれ以上重いのかもしれません。
良い子はマネしないでね。

かぶるなら大きなあんパンを作って、かぶって、
おなかがすいている人に食べさせてあげたいです。
(やなせさん、今までありがとうございました。涙)

illust-2013oct-color.jpg

毎月のイラストは雑誌「みんなのねがい」で掲載するために
描いているものですが、雑誌はモノクロ印刷なので、
かわいそうなカラー原画をここでなんとなく発表しているしだいです。


今月の「みんなのねがい」もアトリエコロルの生徒さんの写真が表紙に
なっています。お目にかかる時があれば。

CCF20131010_00000.jpg




さて、季節がら、こういうのもありましたので、
載せますね。
あまり「外国の行事」を盛り上げる方ではないのですが、
子どもたちは「おばけ」とか好きみたいなので。

IMGP0210.jpg

IMGP0364.jpg


どんぐりいっぱいひろったらこういうのも作ってました。
小さな仏像が入っていそうな小物入れ?

どんぐり




秋の色が少しずつ増えてきましたね。


IMGP9865.jpg
スポンサーサイト

こげらコンサート

こげらコンサート2013

2013年11月23日(祝・土)
午後1時開場 午後2時開演
ルネこだいら 大ホール

出演:こげら合唱団・原田義雄とその仲間たち
参加協力券:1,000円
主催:第20回障害者週間のつどい実行委員会

コゲラポスターs


問い合わせ先
あさやけ風の作業所 小山
℡ 042-349-2366 Fax042-346-6609



こだいらネット
http://www.kodaira-net.jp/omkshgi20/



チラシ裏
kogera-ura.jpg



私がポスターのデザインをさせていただきました。


フリーペーパー「ねがじん」第8号

negajin-01.jpg

障がいのある人に関わる仕事をしている人たちに読んでほしい、
フリーペーパー「ねがじん」第8号が発行されました。

IMGP9968.jpg

私は毎回、デザイン、イラストを担当しています。

スペシャルインタビューのページは、絵本作家かこさとしさん。
本当に子どもたちのことを考えて本を作り続けてくれています。
人気の絵本『からすのパンやさん』と『どろぼうがっこう』の続編が
40年ぶりに続々を出版されました!
http://www.kaiseisha.co.jp/author.html?page=shop.author_page&author_id=229

今回、インタビューに同行させてもらい、直接かこさんのお話を
聞く機会をいただきました。
87歳とは思えないエネルギーとバイタリティで、
楽しくて為になるお話の数々。感動しました。



では、私が印象に残っているかこさんのお言葉を少しだけ紹介↓


 「戦後、いろいろな教育方針がありました。
家もない家族もいない子どもたちは、ろくな子にはならないので
厳しく言うことをきかせないといけない、というやり方がありました。
でもわたしはそうじゃないと思ったんです。
上からこうしなさい!とおしつけることは、決してその子たちのために
ならないと思ったんです。
 私たちは仲間を集めて、東京の焼け野原の地域を選んで、
セツルメントを何度も開いて子どもたちが最後まで聞いてくれるお話を作りました。
おもしろくないと子どもはどっか行っちゃうんです。
子どもは大人からああしろこうしろと言われてものを覚えるのではなく、
自分からああこうしたほうがいいんだ!と気付かなくちゃだめなんです。
大人はいいタイミングでほめてやればいいです」

__おしつけるのがよくないと思ったのはどうしてですか?

 「子どもを見てると分かるんですよ。あとね、当時、占領軍の図書館があって
そこであらゆる外国の本を読んだんです。アメリカの本は読まなかったけど
ソ連の子ども向けの本はたくさん見ました。
日本でも子ども文学などについて研究している人がいるだろうと思ったら
ちっともいなかった。だから外国の本を読むしかなかったんです。
すると、どうも日本がやっていることと違うようなんですよ。
子ども向けの本に、大人の考えやらなんかは載っていないんです。
子どもの目線にあった絵や文字が載っているんです。
 会社で仕事をしながらその合間に、子どもたちのことばかり考えて暮らして
いました」


会社で人の二倍働きながら、夜中にせっせと絵本を描く生活を続けていたそうです。

かこさん!
まだまだ、これからもお元気で描き続けてくださいね〜!!
(´∇`)ノ゙


さて、「ねがじん」を読んでみたい!と思われた方は、
こちらのHP↓からご連絡ください!

http://www.nginet.or.jp/npo/negajin.html


又はメールでもOK!
negajin@nginet.or.jp(ねがじん編集部)までメールを!


「ねがじん」をお送りさせていただきますよ〜。





以下、コロルおまけ画像。

IMGP9700.jpg


IMGP9440.jpg


IMGP9698.jpg




プロフィール

永野徹子

Author:永野徹子
小さな教室『アトリエコロル』。
教室は2014年3月で終了しました。
facebook
【絵画造形教室アトリエコロル】

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。